屋根塗装

当社の屋根塗装のプランと特徴!!

毎日直射日光や雨、風などにさらされていて、家の中で最も劣化しやすいのが屋根です。塗装などで保護する事は非常に重要です。塗装の劣化や割れ、コケなどにより、下地の腐食や雨漏りが起こることもあります。長く安心して住むためには、定期的な屋根の塗り替えが必要です。

どこに頼めば? お金かかるしなぁ~

そんな気持ち…ものすっごーーーーく分かります!!
お金もかかりますし、まだいいだろう!? ておもいますよね。
でも、でも、でも、でもですよ!!
「やらなきゃなぁ~」って思った時には、すでに遅いくらいなんです。塗装は美観はもちろんですが、「防水」の役目を果たすために必要なんです。

こんな状態になっていたら早めの塗り替えが必要です!

お客様ご自身で、屋根をチェックし、最近、屋根の色が薄くなってきた。変色しているとことがある。などが確認できた場合は、なるべく早めの屋根の塗装をオススメします。早めに対処することで屋根材の寿命をのばすことができます。

  • 屋根の劣化最も普及しているコロニアル・カラーベストの屋根の耐用年数は10年~15年と言われています。劣化する前の塗装が必要です。
  • コケ・カビの発生コケや藻が発生している場所は、雨水を吸収し水気を帯びています。そこへ紫外線を受けると反り返りの原因になります。
  • ひび割れひび割れを放置しておくと、雨水が浸入して雨漏りを起こし、建物内部まで傷めてしまうことになります。
  • 腐食やサビ屋根の金属部分が腐食していたり、トタン屋根などでサビが発生している場合も早めの塗装が必要です。

屋根塗装工事は、ただ単に見栄えを良くするだけではなく、建物の防水性、耐久性、耐候性をよくし、大切な家を守る大切な役割があります。

外壁・屋根塗装セット激安プラン 早い者勝ちです!

屋根塗装プラン(外壁とセットの場合)

屋根塗装の塗料は、フッ素・シリコン・ウレタンなどの種類の他に、超耐候性や遮熱性・防水性など機能面でも違いがあります。お客様の求める目的・機能などから最適なプランをご提案致します。

  • ウレタン
  • シリコン
  • 遮熱
  • フッ素

※上記の価格には、足場設置費用は含まれておりません。別途お見積り致します。

ウレタン塗装

塗料の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料のことです。アクリル塗料より防水性と耐久性が良く、価格と性能ではバランスの良い塗料です。紫外線に強く、耐用年数は7~10年です。ウレタン塗料は価格は安いのですが、耐用年数がアクリルに続いて短く、持ちが7~10年と言われています。

メリットとデメリット

メリット
  • 価格と性能でバランスの取れた塗料
  • ツヤのある仕上がりで、アクリル塗料より光沢が持続
デメリット
  • 耐久性・防汚性・紫外線への強さは他の塗料よりやや劣る
  • 長時間光沢が持続するが、変色の可能性がある

耐久年数が7~10年と、シリコンやフッ素に比べると下回りますが、アクリル塗料よりは長持ちします。突き出した機能はないのですが、欠点も大きくないのがウレタン塗料メリットと言えます。

こんな方におすすめ!
  • 価格を抑えて7~10年ごとに塗り替えを行いたい方
  • 現在の家を売るなどの予定がある方
  • 10年以上住む予定がない方

密着性はシリコンやフッ素に引けをとらない

密着性はシリコンやフッ素よりも優れていると言えるので、塗装の剥がれが気になる場所に塗ることがおすすめです。

安価で施工が可能

価格帯はシリコンに比べると安く施工できます。耐久年数も7年ほどですが、機能面では特別な性能はなく一昔前に流行った塗料です。

シリコン塗装

シリコン塗料は機能面やコストパフォーマンスなどの理由でNO1と言っても良いほど多くの方が使用しています。機能面ではUV性能低汚染などが多くのシリコンで含まれ、高機能なのに価格がお手頃な点が人気です。特に汚染の面でも高いレベルの低汚染性を持っているので汚れにくいです。
さらに匂いなども当店がお勧めしている「ハナ・コレクション」バラの香りがする塗料など、工事中嫌な臭いもいい香りに変化させてくれる塗料などもあり、プロの目線からもシリコン塗料はぜひお勧めしたい商品になっています。

こんな方におすすめ!
  • 耐久性と価格のバランスを重視したい方
  • 光沢感(ツヤ)のある建物にしたい方
  • 長期的なトータルコストを抑えたい方
  • 頻繁な掃除をする手間を省きたい方

高性能なシリコン樹脂塗料

シリコン塗料はウレタン塗料より、高耐候性、高機能のものが多く、尚且つ種類も豊富ですので、塗り替えを希望される方の大半がシリコン塗料を選ばれています。

お手頃価格で高性

位置づけ的には、フッ素樹脂塗料の次ですが、価格面や・機能面でもフッソ塗料にまけを劣らないぐらい大変優れています。価格の割に性能がとてもいので、最近は需要が高く、多くの塗り替えに使用されています。

機能が充実している物が多い

UV性能や低汚染性能が標準で付いているタイプが多くあり、UV効果で紫外線が低減され色褪せや低汚染機能で汚れが付着しづらくなっています。また、セラミック配合されているタイプもあり雨等で汚れが流れやすくなります。

遮熱

遮熱塗料は以前から存在はしていましたが、地震などの影響もあり、節電対策の需要をうけたり、各自治体からも補助金が出るようになったりして、戸建、企業塗装でも多くの遮熱塗料が使われるようになりました。

こんな方におすすめ!
  • 工場や倉庫などに使用される鉄板系屋根の方
  • 冷房器具が苦手な方
  • 節約志向な方

太陽の遠赤外線や近赤外線を反射して温度の上昇を抑える

塗装した表面の赤外線を効率よく反射するので、濃い色相の外壁や屋根など、建物の温度上昇を抑制します。その結果として建物の内部の温度が下がる為、エアコンの効きが良いなどの効果が生まれます。断熱材が入っていない昔の建物や倉庫などはこの違いが顕著に出てきます。

冷房にかけるコストを減らす事が出来ます

夏場に屋根の上を歩く人は居ませんが、例えて言うならば歩ける程に温度が高くなるのを防ぐ為、結果的には建物の二階や屋根が低い建物など、温度が低くなり、電気代の節約になります。外壁、屋根の他にも野外プール、幼稚園のテラスなど現在では多くの場所で使われています。

屋根塗装がおすすめ

遮熱塗料は外壁に使う物と、屋根に使う物の他にも床用に特化した物など、色々な種類があります。屋根用が遮熱塗料の中でも1番多く使われており、倉庫や天井が低い建物などは効果出やすいので是非選んでいただきたい塗料になります。

フッ素

フッ素樹脂塗料は他の塗料の中でも最高級グレードの塗料になります。 フッソ塗料の人気もシリコンに続いてあるのですが、最高級グレードだけに価格も高く機能面重視でやこだわりの強い方が多く選ばれています。

機能面で言えば、殆ど全ての機能を備えたものが多く、耐候性も高く、長期の紫外線や雨風の影響を防ぎ、防汚染性能がついているものが多いので綺麗な塗装を維持しやすいです。色あせや艶引けの面でも、他の塗料と比べても段違いに良い性能なので、価格に恥じない性能だと思います。
それだけ価格面では一段高い価格のフッ素樹脂塗料ですが、ここ最近は値段のほうも少しづつ落ちてきていますので、以前と比べてみて使いやすくなってきたと思います。

こんな方におすすめ!
  • 長期に渡り美観をキープしたい方
  • 塗料にこだわりのある方
  • 何度も塗り替えをしたくない方

フッ素塗料の単価

平均的な30坪価格で見ても、シリコンでは平均壁のみで30万ぐらいに対してフッ素塗料は2倍60万弱で施工している業者さんがほとんどです。 もちろんそれ以上での施工をしているところも多く存在しています。それだけ、高機能で長持ちするので塗り替えをした10年から20年後でもきれいに維持できると考えられています。

プロの家はフッ素塗料で施工しているケースが多くみられます

フッ素樹脂塗装はとにかく長持ち ・高機能 ・汚れづらい なんといっても高性能で、他の追従を寄せ付けない性能です。フッ素樹脂塗料は分子同士の結合力が他の樹脂より強い為に、紫外線などの影響を受けても壊れにくく、長期使用に耐え得る持続性を持っています。 他の塗料と比べても、艶と変色を長期にわたって守ることが出来るので、公共事業の橋や建物などでも多く採用されていたりします。その様な塗料を住宅やアパート、マンションなどの外壁に使う事で、超長期的に建物の美観と建物自体の保護の両方を高いレベルで守ります。

屋根の塗り替えに関するよくある質問

お客様から寄せらせる屋根の塗り替えに関するよくある質問にお答えします。ここに掲載のない疑問・質問もお気軽にお問合せ下さい。

足場なしでも塗ってもらえますか?
安全上、転落の危険がありますので、足場なしでの塗装は行っておりません。
瓦(日本瓦)でも塗装できますか?
瓦用専用塗料がありますので、塗装可能です。ただし、保証対象外となります。
屋根は何回塗りですか?
下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りです。
PAGE TOP